読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UITERU

甘凌情報収集&創作ノート

朱桓と凌統

最近は孫権の周辺人物がHOTです。 そんなこんなで朱桓について凌統活躍してる時期の年表を作成しようと思いたったのですが、余りにも情報がなかったためあえなく撃沈。 どの人物に対しても思うことですが、某凌家のサイトさんみたいに、子孫の方が民間伝承と…

一肌脱ぎ

絵の練習に描いたものでした。 近頃は凌統の単体絵が多かったのでたまには甘寧も…。 一番は甘凌描きたいんですが、二人以上の構図ってやっぱり難しい~

嬉しさを堪える

the last day

死がふたりを分かつか、その前にふたりがわかれるかの二者択一

暗殺日記

シチュエーションが浮かんだだけでダジャレ入れるつもりまったくなかったのにダジャレ満載になってしまったという。

ところで…

何の話だったかな

血闘

赤と錆色の組み合わせってこう…厨二心的にぐっとくるものがあります。

この豎子

さすがの甘寧も、凌統の懲りなさに憤りを蓄積させていたらいい…

虎視眈々

来る悲願成就の日を心待ちにする凌統です。

やなやつ

甘寧は凌統が嫌がる言葉を知っていて、 それをわざとふっかけて反応見ておもしろがるのが楽しみの一つ。

愛馬は棗色で、名前も棗(ソウ)です。 これは15歳くらいの凌統

甘寧×凌操

二人とも侠の男なので、出会い方が違えばあるいは…と思いつつ

IF

甘寧にパパを殺されてなかったら、すくすくとパパ似に成長したのかな…という絵

暗殺の吊り橋

戦場で人を殺す時に臨んでもドキドキなんてしない凌統が、甘寧の暗殺を企てた時だけドキドキしてしまってこれが…恋…!?という変な吊り橋効果にかかるのいいなぁ…。 恋しちゃったら殺すの躊躇してしまうでしょうから…。 けれどもその気持ちの正体は、単に何…

ふゆ

布が風に踊るデザインにしたので、公績と風景一緒に描くのが楽しいです。

あけましておめでとうございます!

2017年で凌統推定1800周忌です!(※29歳没説)

炊事訓練

きっと将軍も煮炊き訓練されてますよね…ねっ… 煌めいてるのは包丁です

206~207

赤い衣装というと呂蒙のイメージがありますが呂蒙ではありません

『愛憎交錯7つのお題』-1

甘寧×凌統 和解するずっと前の話です。文章です。

vs陳勤

陳勤殺した時の凌統の状況って想像してみるだに辛いんですが、よく描きたくなる題材です。 これは今年の頭くらいに描いたやつでした。

上機嫌凌統

久々に色を置いてみる。 明るい色調の絵を描くとなんだか浮き浮きしてきます。

なかなか

思うように絵が描けません…次は時間があるときにキチンと描きたいです!

気になる子漫画

凌統、弟がひとり。 仇討ちだ何だかんだ言ってたら逃してしまった初恋の人…でした。 まともな恋愛できなかったのはある意味甘寧のせいなんだけど、その甘寧が恋愛支援している構図…^_^

甘寧と呂蒙の漫画

オールバックが呂蒙です。凌統は友情出演。 これ描き上げた時、私の中の呂蒙像ってなんだか高潔だな!と驚きました。そして勝手にお酒好き設定が加わりました。甘寧の部屋には上等な酒が備えてあるということでここはひとつ。 彼らには悪友っぽい関係であっ…

含みのある発言

これはふたりが義兄弟になった後という設定です。 それでもたまにこういう不穏な発言が出て来たりして、まだ溝が感じられる…というのが個人的にモエです。原点はやっぱり最悪な関係なので…

抱擁じゃない

父の頭骨を取り返そうとしているだけ…みたいな絵のつもり 二人の関係ってやはり凌父がいないと成立しないなぁといつもしみじみ思います。歳も離れているし、生き方も全然違う。 彼らが復讐の関係になければ何のつながりもなかったんじゃないかな。 いや、呂…

suke襟

义领(義領…つけ襟) 夏とか重ね着風にするときに使うらしい。 たぶん素肌に着るアイテムじゃないと思うけど素肌に着せたくなる…そんな形状…してるよね… そしてこれ、水につけたら確実に透けるよね~っていう

「甘興覇、詭弁を弄するの巻」

自分で描いた作品への考察とか解説…みたいな記事 (1/3)