読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UITERU

甘凌情報収集&創作ノート

卓氏

f:id:hayakawajan:20161221231730j:image

逍遥津の戦いでボロボロになった凌統を卓氏(薬の名前としてだけでなくその時代実在の人物として登場)が治療する話とか描きたいな〜。言うだけならタダ…

見舞いに来た甘寧が卓氏に「あなたがいると彼の傷に障ります」とか言ってつまみ出されてればいい…。そんなことしたら甘寧、「この庸医(ヤブ医者)が!」って怒り出しそうですね。

三国志の医者といえばご存知、華佗ですが、当時医者は冷遇されていたという話をよく聞きます。そういえば舞台は全く違うものの、手塚治虫火の鳥』の黎明編でも、医者が見くびられていました。医者の地位が見直されて来たのっていつ頃からなんでしょう…。今となっては多くの人にありがたがられる職業なので、なかなか馴染めない感覚です。

そんな感じで、卓氏には理不尽ではありますが(時代的風潮が要因なので…)卑しい身分の者が凌統に密着して世話してるのが気に入らない甘寧のやきもきなんてのがあったらいいな〜と思います。